上田市の外科/内科/眼科のことなら「大谷外科・眼科」にご相談ください

大谷外科・内科・眼科

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

お問い合わせはこちらから

0268-27-2220

症例紹介

眼科

白内障

ganka_case01_img目には水晶体という、カメラでいうところのレンズに相当する組織があります。もともとは透明な組織ですが、老化などの原因により徐々に水晶体が濁ってきます。この水晶体が濁った状態のことを白内障といいます。原因としては加齢によるものが最も多いですが、アトピーがあったり、糖尿病があったりすると若年者でも起こります。症状としては目のかすみ、視力低下、まぶしいなどがあります。白内障の治療には点眼薬による薬物療法と、手術療法があります。薬物療法では白内障の進行を遅らせることはできても、視力の改善は得られません。見えにくいなどの症状が強ければ手術を行います。

ドライアイ

ganka_case02_img涙は目にとって、非常に重要な役割をもっています。ごみなどを流したり、目の表面に傷ができないように保護したり、細菌を殺したり、角膜に栄養を与えたり、と多くの役割があります。しかし涙は加齢とともに徐々に減少していってしまいます。涙が減っていくと、目の乾き、ごろごろ感、充血、目の疲れ、めやにっぽいなどの症状を感じるようになります。これがドライアイです。ドライアイの原因はいろいろありますが、加齢によるものが多いです。その他パソコンなどのモニターを長時間見続けたり、エアコン使用などにより湿度が下がってしまうと、症状が出やすくなってしまいます。根本的な治療法はありませんが、点眼により症状の改善が可能です。しかし、ドライアイの点眼薬には多くの種類があり、人それぞれ合う点眼薬が違います。自分に合った点眼薬を継続して使用することが重要です。

緑内障

ganka_case03_img緑内障は、視神経が障害されることにより、徐々に視野が狭くなっていってしまう病気です。一般的に緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりとおこり、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期の段階では目に異常を感じることはありません。緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。一度障害された視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。緑内障の治療は、眼圧を下げることが最も有効とされています。眼圧を下げる治療法としては薬物療法、レーザー治療や手術療法がありますが、基本的にはまず薬物療法から始まります。急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧下降が不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。

加齢黄斑変性

ganka_case04_img加齢黄斑変性は、網膜の中心部である黄斑部が加齢によって異常な組織に変性してしまう病気です。最近日本でも患者さんが増えてきています。黄斑部は視力との関係が深く、黄斑部にわずかでも異常が発生すると、視力低下を起こす可能性があります。症状としては視力低下が主なものですが、加齢黄斑変性で特に起こってくる症状として、物がゆがんで見える変視症、見たいところの中心がみえない中心暗点があります。高齢者、特に50歳以降に多く発症することから、黄斑の加齢による老化現象が主な原因と考えられています。食生活の欧米化、喫煙、高血圧、心臓病、栄養状態(ビタミン、カロチン、亜鉛などの不足)、遺伝などの関与も報告されています。治療としては様々なものがありますが、現在は目に特殊な薬を注射する治療が一般的です。

外科・内科

発熱

発熱は感染症や外傷から身を守る反応です。体温が上がると免疫系が活性化され、体の防御機構が高まります。
平熱は人によって個人差があります。日本人の平均は36.5℃前後と言われており、37.0℃を超えても必ずしも、「熱がある」状態とは言えません。日常から体温を計測し、自分の平熱を知ることが大切ですが、一般的には37.5℃を超えたら発熱と考えられます。
発熱の原因は様々ですが、多くは感染症です。かぜ(ウイルスによる上気道感染症)、インフルエンザ、膀胱炎など尿路感染症が主ですが、手や足の傷から細菌感染を起こし、蜂窩織炎という化膿性炎症を生じ、発熱することもあります。その際には外科的な傷の処置に加え、点滴加療が必要になります。またアレルギー反応や癌などの病気が隠れていることもあります。

咳(咳嗽)は風邪ウイルスやほこりなど、気道に入ってくる異物や痰を体外に排出しようとする生体防御反応です。痰を伴う湿性咳嗽と伴わない乾性咳嗽があります。
3週間未満で治まるものを急性咳嗽といい、その原因のほとんどは風邪などの急性感染症です。3週間以上続くものを遷延性咳嗽、8週間以上続くものを慢性咳嗽と呼びます。長引く咳の原因には、慢性気管支炎、咳喘息(喘鳴や呼吸困難を伴わない咳が持続)、副鼻腔気管支症候群(後鼻漏、鼻汁や咳払いに伴う湿性咳嗽が持続)、アトピー咳嗽(アトピー素因を伴う乾性咳嗽が持続)、胃食道逆流症などがあり、肺癌も原因の一つです。原因を検索し適切な治療をすることで抑えることが可能です。長引く咳を認める場合は一度受診してください。
喘息の診断治療も行っています。

痰(喀痰)は気道粘膜から出される分泌物(気道粘液)で、通常はごく少量のため無意識のうちに飲み込まれています。ところが、アレルギーや細菌、ウイルスの感染が起きると、質、量に変化が生じ、咳により喀出されるため自覚されるようになります。痰の性状は原因によって異なり、細菌感染などに伴う黄色の膿性痰、喘息や慢性気管支炎に伴う粘弾性の高い切れにくい粘液性痰、心不全や肺水腫に伴うさらさらした比較的粘液が少ない漿液性痰、肺癌や気管支拡張症などに伴う血液が混じる血痰などがあります。

切り傷、やけど、打ち身

geka_case01_img切り傷、擦り傷、やけどなどの外科的処置、打ち身(打撲)、捻挫に対するレントゲン検査や処置、感染創に対する切開排膿、アテローム摘出術や陥入爪に対する小手術など、外科的疾患に関しても気軽にご相談ください。

肺癌

geka_case02_img肺癌は肺にできる悪性腫瘍で、部位別のがん死亡率の割合では男性で1位、女性では大腸癌に次いで第2位と、非常に致死率の高い癌です。しかし早期に発見できれば手術により約80%の治癒が期待でき、早期発見が非常に重要になります。
特徴的な症状はありませんが、咳、痰、血痰、発熱、胸痛、呼吸困難などの呼吸器症状をきっかけに発見されることが多いです。
当院では胸部レントゲン検査で肺の異常陰影が疑われれば気管支鏡検査による確定診断まで行っています。

気胸

気胸とは、肺に穴が開き、そこから空気が漏れて十分に肺が膨らまなくなってしまう状態のことです。特に誘因なく突然発生する自然気胸や外傷(交通事故や転倒など)によって発生する外傷性気胸などがありあります。自然気胸の多くは肺の嚢胞(bulla)とよばれる空気の袋が破れて生じ、背が高く細長い体型の若い男性に多い傾向にあります。女性では子宮内膜症に伴い月経の前後で発生する、月経随伴性気胸もあります。
症状は突然の呼吸困難と胸痛や、咳などがあります。
胸部レントゲン検査で診断することができます。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

geka_case03_img慢性閉塞性肺疾患(Chronic Obstructive Pulmonary Disease: COPD)とは、タバコの煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患で、主に空気を吐く力が障害され、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能が低下します。慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称で、肺の末梢の酸素と二酸化炭素のガス交換を行う肺砲という器官が破壊された状態が肺気腫です。症状は歩行時や階段昇降時の息切れから始まり、悪化すると常に酸素の吸入をしていないと生活できない状態となります。全世界の死亡原因では5位以内に入っており、世界的にも増加傾向にあります。
一度肺砲構造が破壊されると、元に戻ることは難しく、治療は病勢の進行を抑えることが中心となりますが、早期に治療をしないと呼吸機能の悪化を招きます。また喫煙を続けると病気の進行が加速するため、禁煙が最も重要です。

喘息

geka_case04_img気管支喘息は、アレルギーなどにより気管支に炎症が続き、さまざまな刺激に敏感になり、気道が狭くなる病気です。炎症によって気管支の壁がむくみ、気管支を取り囲んでいる筋肉が収縮して気管支を狭くします。そのため、特徴的なヒューヒュー、ゼーゼーという呼吸音と共に、呼吸困難が出現します。
治療は炎症を抑えるステロイドの吸入や、気管支拡張剤、抗アレルギー剤の内服などを行います。

内科的疾患

高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風やその他内科的疾患に対する治療、経過観察も行っています。

検査

X線(レントゲン)検査、呼吸機能検査、心電図検査、超音波検査、骨粗鬆症検査などが可能です。
気管支鏡検査:気管支鏡は直径5-6mmの細い管で、肺につながる気管支の中を観察する器械です。口または鼻から気管や気管支の中に挿入して内腔を観察すると共に、組織や細胞を採取して正確な診断を行ったり、気管支内の病変の治療に用いられます。

TOP